vbマイグレーションでの移行先

マイクロソフト社のVisualBasicは使いやすいVisualStudioとライブラリで人気のある言語です。


VisualBasicで作成されたアプリケーションはVisualBasicのランタイムライブラリと同梱させることで多くのWindowsで稼働させられることから、多くの企業でも作成、利用されてきています。

お手軽のvbマイグレーションの情報が更新されています。

ただし、VisualBasicはすでにサポートが終了しており、VB.netや他の言語への移行が求められています。

wikipedia情報選びを親身になってアドバイスいたします。

他の環境への移行はvbマイグレーションと呼ばれ、ソースレベルでの移行、もしくは現在のアプリケーションからの機能だけの複製などさまざまな方法が提案されています。



中にはOSごと仮想環境で稼働させてサポートが切れてもそのまま使い続けるという企業もありますが、セキュリティ面を考慮するとOSのサポートが無い時点で早急なvbマイグレーションが必要です。

vbマイグレーションにはVB.netへの移行と言語ごと変える方法があります。

VisualBasicの流れを組むVB.netは開発者も探しやすく比較的移行も楽なのですが、長期的な視野で見ると、VisualBasicの環境を捨てて、ベンダーフリーなWEBアプリケションとして再構築するという企業も多いです。

vbマイグレーションを行って移行先を決める場合にはクラウドやOS非依存性なども考慮しながら、アプリケーションのメンテナンスができる環境で行なうことが大事です。