クラウドマイグレーションの利用手順

クラウドマイグレーションを利用する際にはいくつかの段階を踏むことが多いです。
最初に現状把握を行います。


サーバの台数、アプリケーション、OSの稼働状況、クライアントとの接続方法、外部との接続方法、リースの有無です。


現状把握を行なうのはすべてのサーバをクラウドへ移行できるとは限らないためです。


社外へ持ち出せるデータのみ移行することになりますし、外部との接続方法が無い企業の場合はクラウドの利用ができません。

現状把握は問題点を把握することと同時にどの程度コスト削減ができるかを提案する作業でもあります。


次は契約となりますが、現状把握で判明している問題を踏まえた上で提案されます。

提案は企業ごとに変わってきますが、多くの場合、リースアップのタイミングも踏まえた上で決定されることが多いようです。


契約がまとまれば移行作業となりますが、移行作業には事前テストの期間が設けられるのが一般的です。



移行テストではクラウド内にあるサーバの能力テスト、企業内からのアクセステスト、負荷テストが順次行なわれていきます。

OKWave情報はこのサイトにおまかせ下さい。

特に企業内のクライアントからアプリケーションを利用した際の状況確認は特に厳しく行なわれる傾向にあります。
移行テストが終われば実際の稼働となります。

最近気になったクラウドマイグレーション情報をピックアップしたサイトです。

クラウドマイグレーションではクラウド内のサーバ管理を企業で行なうかクラウドマイグレーションを提供する企業が代理で行なうか選択されますが、どちらの場合でもクラウドの自動制御機構をうまく利用することで費用を抑えた運用が可能になることが多いです。