システムマイグレーションを効率的に行う方法

システムマイグレーションは、現代の企業においては定期的に行わなければならない宿命にあるものと考える方が良いでしょう。

システムは日々グレードアップされるものであるため、ある程度の期間が経過した時点でマイグレーションを行わないと時代の変化に社内システムが付いていけなくなり、特に他社とのシステム上の連携が多い場合には正常な取引ができなくなる恐れがあるからです。

また社内システムにおいても、いつまでも旧式のシステムでは社内の業務効率が下がり、社員のモチベーションを悪化させてしまう要因にもなります。

システムマイグレーションの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

システムマイグレーションを効率的に行うためには、新システムに出来るだけ操作性が旧システムと変わらないシステムを選ぶこと、また以降の際のステップを出来るだけ簡略化する事です。
こうすることで不具合が発生した場合の切り戻しが容易に行える上、社内の業務に対する影響を最小限に抑えることができます。

良く全システムの移行を数日間で一気に行おうとする例がありますが、テストを重ねて移行における失敗率をゼロに出来る場合はともかく、この方法は避けた方が無難です。

Youtube関する情報選びに役立つ情報をまとめています。

万が一失敗すると、予想以上の時間がかかってしまい、業務に大きな影響を及ぼすからです。システムマイグレーションを効率的に行う秘訣は、失敗したときのリスクを最小限に抑え、業務に対する影響を最小限に抑えることを最優先に考慮し、切り戻しが容易に行えるマイグレーション計画を作成することです。