dbマイグレーションでかかるデータ移行時間

dbマイグレーションでは旧データベースから新データベースへのデータ移行を行なうケースが多いですが、いろいろな問題がある中で特に問題が大きいのがデータベースのデータ移行です。
データ移行はライブマイグレーションで行なうこともできますが、一般的にはデータベースを各アプリケーションから切断して対応となるケースが多いです。

データの移行については各データベースごとにツールが提供されています。
特殊なツールの中にはデータ移行の時間を短縮するツールもあります。

よりシンプルさを追求したdbマイグレーションに関してとにかく簡単に調べられます。

このツールはメモリ空間や未使用空間も含めてコピーすることでかなり時間短縮が可能ですが、断片化などが起きている状態のままコピーされるので新データベース側での修正が必要になるケースが多いです。

しっかりとした教えて!goo情報を、皆様へ配信するサイトです。

データ移行を含めたdbマイグレーションでは速度を気にせずに行なうツールとしてExport、Import機能があります。

これらのツールはデータをすべて取り出しますが、メモリ空間は引き継がれません。

また、データのインポートについては中間ファイルを作らずに行なう場合と中間ファイルや定義ファイルを作ってdbマイグレーションにおいてデータ整合性を確保する場合がありますが、マイグレーションの方針によって変わってきます。

各種データ移行のツールはそれぞれかかる時間がかなり異なります。



出来る限り事前テストをして実際にかかる時間を測定してから作業にあたることが重要です。

また、移行後のアプリケーション接続テストも大事です。